思い出 英語・英訳・使い方

「思い出」は英語で色々な表現があります。

前にあった出来事や体験を心に浮かべること。また,その内容。追憶。追想。 「 -にふける」の意味ですと、

memory, memories, recollections, reminiscence,

 



 

例文:

This is one of my favorite memories from childhood.

Everybody to my recollection was exhausted after the presentation.

 

昔を思い浮かべる材料となる事柄。 過去の出来事を思い出させるもの。「一生の-となる」 「 -の品」

の意味ですと、

souvenir, memento, reminder, keepsake,

 

例文:

Our son’s baby keepsake box is kept in the attic.

This necklace is a memento of our trip.

 
 
英語の文法練習はこのテキスト・Understanding and Using English Grammar with Audio CDs and Answer Key (4th Edition)をお勧めです。文法の参考書は、こちらのガイド・Practical English Usageも実用的です。私も両方レッスンで使っています。
 
 

 

Nextの読み方・発音

Nextをカタカナ読みしてしまうと、

「ネックスト」ですね。

英語の発音は、”nekst” です。 音声を聞く

 



 

「ネックスト」の最初の問題は、音節が多すぎます。3音節で読む生徒さんが結構います。

英語のnextの発音は1音節です。

 

次の問題は、初心者生徒さん達のTの発音が強すぎます。

「ト」になっています。Tの発音は「ト」ではありません。

 

 

私の英語耳(?)にとって日本語のトは、T (子音)+ オ(母音)の音に聞こえます。

NextTの音・読み方・発音は「オ」の音なしの子音だけの「T」です。

 

カタカナでは表わせません。 

 

この子音の「T」の発音で一音節でNEXTを言います。 
 
アメリカ英語の発音の勉強にこのテキスト・Mastering the American Accentをお勧めです。私もクラスで使っています。

 
 
 



 

Awhileとa whileの違い・使い分け

Awhileは副詞で英語の意味は、

“for a short time or period”です。

訳すと、「しばらく、少しの間、短時間」

 

Looks like this project will take awhile.

Would you like to stay awhile?

 
 



 
 

A whileは名詞句です。

英語の説明は、“as the object of a preposition, the noun phrase a whileis used.”

 

前置詞句・名詞句としては a while. この場合でもawhileを使うのもある様ですが、formal writingの場合はprepositional phraseobjectとして a whileの方が良いです。

 

We stayed for a while.

The party died down after a while.
 
 
英語の文法練習はこのテキスト・Understanding and Using English Grammar with Audio CDs and Answer Key (4th Edition)をお勧めです。文法の参考書は、こちらのガイド・Practical English Usageも実用的です。私も両方レッスンで使っています。
 

 

Severe の読み方・発音 シビア?

Severe の読み方・発音は「シビア」ではありません。

英語の発音は2音節で、

suh-veer  音声を聞く

 



 

一音節目は「シ」ではなく、suhです。

「サ」というか、「スァ」みたいです。

 

2音節目のveervの音とrの音もあるので、カタカナで書けないですね。

vイーrみたいな感じです。

 

 

severeの二つ目のeを充分に伸ばしましょう。

 

それと、2音節目を強調します。

 

suh-veer  もう一度音声を聞く

 
アメリカ英語の発音の勉強にこのテキスト・Mastering the American Accentをお勧めです。私もクラスで使っています。