Aircraftとairplane/planeの違い・意味

Aircraftairplane/planeは日本語の訳だと両方「飛行機」になってしまうかもしれません。

 

しかし、aircraftの意味は、

 

 

「航空機」です。

 

文章によって「飛行機」と訳した方が良い事もあり、同じ意味で使われるのも多いですが、意味の違いはこれです。 

 

航空機 = 「人が乗って空中を飛行できる乗り物。飛行機、グライダー。気球、飛行船など」

 

Aircraftとは英語では、

 

“any machine supported for flight in the air by buoyancy or by the dynamic action of air on its surfaces.”

 

Airplane/planeとは、「飛行機」です。

 

“A heavier-than-air powered flying vehicle with fixed wings and driven by propellers, jet propulsion, etc.”

 

あるdefinitionでは、グライダー・ヘリコプター等もairplaneとなりますが、一般的には翼と推進力がある飛ぶ機械の事です。

 

因に、airplaneとaeroplaneの違いはこちら。

 

英語の文法練習はこのテキスト・Understanding and Using English Grammar with Audio CDs and Answer Key (4th Edition)をお勧めです。文法の参考書は、こちらのガイド・Practical English Usageも実用的です。私も両方レッスンで使っています。